%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

外伝 ~第1部 大学時代~ 第6話 中級スロッター→引きこもりへ

 

ハナ.jpg

 

 

【すろたろうとストック機】

 

 

 バイトを辞めたのは、ちょうど大学1年生の夏休みの8月。

 

 

 大学の授業もないため、スロットに通う日々が続いていた。

 

 

 その中、ある1台のスロット機がすろたろうを夢中にさせた。

 

 


ビッグシオ.jpg 
ビッグシオである。

 

 

 ビッグシオは、ハナハナシリーズでおなじみのパイオニアがシオサイシリーズのストック機としてリリースしたものである。

 

 

 ストック機の連チャン性にすろたろうはすっかり魅せられていた。

 

 

 33,77,555,777などの特定ゲーム数でのレバーオンがめちゃくちゃ熱かった。(特定G以外はただの作業だったが)

 

 

 そして、ハイビスカス中毒になり、裏モノに手を出すきっかけとなった台である。

 

 

 

 

<ストック機とは>

 wikipedia

 

 

 

<ビッグシオは単純でおいしかった>

 

 

 ビッグシオの天井は、奇数が777G、偶数が999Gで比較的浅い上に、小役解除がなく、天井直行率が高いためか、連チャン性も高かった。

 

 

 モードとかはなく、通常A、通常B、天国モードなどということを考えなくてよい初心者向きの台だ。

 

 

 それゆえ、まだ初心者であるすろたろうの頭にすんなり入ってきた。

 

 

 33Gまでの振り分けが多く、連チャンするときは、コインを減らさずモリモリ増えた。

 

 

 リセットの恩恵がかなりおいしく、リセット後は解除Gの振り分けを再抽選した。

 

 

 この仕様を理解して、すろたろうは、あることを思いついた。

 

 

閉店時のゲーム数をメモすれば、天井がたくさん拾える。仮にリセットされててもおいしい。)

 

 

 このときから、朝一で講義がない日は、閉店チェックするようになり、翌朝ビッグシオの島へ行って、

 

 

 ①まず、33Gをカニ歩きで回す。

 

 

 ②その後、天井が狙えそうな台があれば、宵越し狙いをする。

 

 

 という方法で、立ち回り、成果を上げていた。

 

 

 そのときの時代はAT機で、ライバルもほとんどおらず、今の時代に比べ快適であった。

 

 

 9月~11月に安定して平均30万ほど稼ぎ、収支は100万に近付いていた

 

 

 この立ち回りは、他の機種に生かされることも多く、いい経験であった。

 

 

 ②で失敗して、大きく負けてしまう日もあったが、おいしい台であった。

 

 

【すろたろうと裏モノ】

 

 

<ハナシリーズの裏物>

 

 

 家から少し離れた店で、ビッグシオを見つけたすろたろうは、天井狙いをしたことがあった。

 

 

 これが、裏物で、割とすぐ違和感に気付いたのだが、小役が全然落ちなく回らなかった。

 

 

 そのときは、天井に直行して、連チャンに期待するものの、単発に終わってしまった。

 

 

(あとから調べるとそういう仕様だったらしい)

 

 

 データ機もBIG100回引いている台が割とあり、何かがおかしいと思って調べたところ、裏物というものが出回っているという話であった。

 

 

 ハイビスカス中毒者になってしまっていたすろたろうは、その店にしばらく足を運んでしまったのである。

 

 

 そして、1撃5000枚の大連チャンを引き当ててしまい、完全にはまってしまった

 

 

 この店のビッグシオは、大学の友人(スロ仲間)からゴッドバージョンだよと聞いた。ゴッドシオと呼ばれていた。(爆裂機ミリオンゴッドから命名されたんだろう)

 

 

 5G以内にBIGが大連チャンする仕様だったので、間違いないと思う。

 

 

 なかなか攻略の糸口も見えず、完全に遊び打ちだった

 

 

 同じ店にシオラー(塩らーめんではない)の裏物も置いてあり、ちょこちょこ手を出していた。

 

 

 遠征で、大学の友人(スロ仲間)とハナハナスイカバージョンを打ちに行ったこともあった。

 

 

 イベント日ということもあり、朝の5時から気合入れて並んだが、5万をすぐに溶かして帰った苦い思い出だ。

 

 

 裏物は亜種が多く、癖さえ分かればハイエナもできると思うが、手を出してはいけないモノだなと思います。

 

 

 機種ごとに収支を集計してはなかったが、ハナシリーズの裏物で-30万は逝ってると思う。

 

 

 大学3年生くらいのときにハイビという完全ノーマル機が出たけど、あんまり楽しくなかったのは、裏物のせい。(いまは、割と楽しくハナシリーズ打ってますけどね。)

 

 

<リセットモーニング>

 

 裏ハナシリーズとは別の店なのだが、南国物語、海人の裏物にリセットモーニングを仕込んでいる店があり、朝に講義がない日に行っては、リセモを回し、すぐに流し景品買取所があくまで待ってを繰り返してた。

 

 

 3台に1台は仕込んである感じで、ライバルはいたものの4台くらいは32G消化できたため、ほぼ毎日当たりを引くことができた。

 

 

 基本単発だが、3連、5連と任意で設定できるぽく、たまに連チャンし、かなりおいしかった。(ガチでは初当たりを引くこともたぶんあったんだろうけど)

 

 

 南国のバタフライが光るときは、気持ちよかったな~

 

 

 ATじゃなく、パトランプもない南国シリーズ出してくれんかな~

 

 

 image.jpg

 

 

【すろうたろうとAT機】

 

 

 すろたろうが、大学1年生のときは、AT全盛機であった。

 

 

 機種は、アラジンA、サラリーマン金太郎、獣王、ダブルチャレンジ、猛獣王、ミリオンゴッドなど。

 

 

 当時のAT機は本当に爆裂機だった。

 

 

 特にミリオンゴッドは、自殺者をたくさん出した機種じゃないかと言われている。

 

 

 すろたろうがパチンコホールでバイトしていたとき、アラジンAが2万枚出しているのを見て、

 

 

arajin.jpg

 

 

 すろたろう「店長、あのアラジンすごい出てますね。」

 

 

 仙道店長「あのアラジン設定いくつだと思う?」

 

 

 すろたろう「やっぱ6ですかね?」

 

 

 仙道店長「あれ、1だよ。AT機は1でも吹くときが多いから1しかこわくて使えん。少し出したいなって思っても、1をRAMクリアするだけだよ」

 

 

 仙道店長「すろたろうくん、AT機は危ないから打たない方がいいよ。」

 

 

 すろたろうがバイトしてた店は、微妙な店なので、オール1で当然なんだけど、AT機は打たないことにしようとこのとき思ったのである。

 

 

 こんな微妙な店でも、ノーマル機は、設定を上げてたりしてた。

 

 

 週一の大花火のイベントにオール設定3という、メリハリのない微妙なことをしてたけど、ノーマル機なら設定をつかむチャンスがあるんだなと思った。

 

 

(入って3か月のバイトに設定教えるとかどんな店長なんだよと今になって思うけど・・・)

 

 

 そんなすろたろうでも打っていたAT機があった。

 

 

 猛獣王である。

 

 

猛獣王.jpg

 

 

 なぜ打ってたかと言うと、天井がおいしかったからである。それに楽しかった。名機だと思う。

 

 

 通称「天鯖」という天井は、ボーナス間1200ハマるとチェリーを引くたびにATが当たるというもので、なんとボーナスを引かない限りはその状態が続くというものである。

 

 

 確か600Gくらいから期待値があると言われ、メインのビッグシオがなくなった12月頃によく打っていた。

 

 

 ビッグ中にビタ押しする要素も楽しかった。PS2のソフトを買うくらい好きだった。

 

 

<ヤクザに殴られ引きこもり>

 

 

 猛獣王の天鯖狙いしていたときの話。

 

 

 800Gくらいの期待値のある台が落ちてたので、回してたところ。

 

 

 お兄さんが来て、「この台取ってたんだけど?タバコ置いてなかった?」

 

 

 すろたろう「いや、普通に空き台でしたよ?」

 

 

 お兄さん「あっそう。店員(なぜか変換できる。)に聞いてくるわ。」

 

 

 お兄さん「店員は、タバコが置いてあったけど、空箱だったから捨ててしまったと言ってるんだけど。」

 

 

 お兄さん「台取ってたんだから、どいてくんない?」

 

 

(空箱を置く方が悪いんだけど、まあ、仕方ないか。でも900Gくらいまで回してるしな~)

 

 

 すろたろう「台はどきますけど、3千円、天井狙いで突っ込んだので、その分だけでも返してくれませんか?」

 

 

 お兄さんは、納得できない様子だった。

 

 

 すると、お兄さんの連れのやんちゃそうな人が来て、

 

 

 ヤクザ「能書きはいいんじゃ、さっさとどけよ。」

 

 

 さっさとどけばよかったのにすろたろうは、この日負けてたんで、なんとなく引き下がれず、応戦してしまった。

 

 

 すろたろう「あなたには、関係ないじゃないですか!!」

 

 

 その時だった。

 

 

 「パーンッ!!パン!パン」

 

 

 パンチがすろたろうの顔面に命中し、すろたろうは倒れこんでいた。

 

 

 ヤクザは追い打ちをかけるかのようにすろたろうに何度も蹴りを入れていた。

 

 

 すろたろうは、なぜか痛みがなく、何が起きたのかよく理解できなかった。

 

 

 やつを追う前に 言っておくッ! おれは今 やつのスタンドを ほんのちょっぴりだが 体験した
 い…いや… 体験したというよりは まったく理解を 超えていたのだが……
 あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
 「おれは 奴の前でしゃべっていたと
 思ったら いつのまにか倒れていた」
 な… 何を言っているのか わからねーと思うが
 おれも 何をされたのか わからなかった… 
 頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか
 そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
 もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ… 

ポルナレフ.png

 

 

 店員が異常に気付き止めに入り、ヤクザたちとすろたろうは、事務所に連れて行かれ、そして警察が来た

 

 

 ヤクザは、威勢を張って、なんども怒鳴っており、すろたろうはかなりビビっていた。

 

 

 警察が言うには、前科がある悪党ということでなんとか逮捕したい。

 

 

 だけど、捕まえるには、被害届?がいるとのこと。

 

 

 完全にビビっていたすろたろうは、ヤクザの仲間もいることだし、仕返しを恐れ、被害届は出さなかった

 

 

 すろたろうが打ってた台は、ちゃっかり空き台整理されており、他の誰かが天鯖を消化中でダブルパンチをくらって帰るのであった。

 

 

(ちなみにヤクザと勝手に呼んでるけど、確証はなく、風俗店のていいん(なぜかry)だそうです。)

 

 

 これをきっかけにもうホールに行きたくないと、大学冬休みと同時に春が来るまで、引きこもり、スロットで貯めたお金を浪費する生活を送ることに。

 

 

(この頃に、パソコン買ってネットにつないだので、なおさらである)

 

 

 大学1年生 収支+100万ちょい超えくらい

 

 

(メモで収支つけてたんだが、紛失してしまったのでアバウトだけど)

 

 

第7話を読む

 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 バナー作成者もん

ちょっとでも、「このブログよかったな」「応援してあげてもいいかな」って思っていただけたのであれば、上記のバナーをクリックしてください。
え?お金?
無料です。無料です。お代は結構です。
え!?詐欺じゃないかって?
そんなことありませんっ。本当です。信じてください。お願いします。
押してくれたら、週3以上はう○こするってお約束します。


スポンサードリンク

設定判別ツール、解析情報はもちろん ハイエナ大全、現役店長のブログなど コンテンツがたくさん!!旅打ちブログがオススメ~

マイホが登録されていれば最強のツール 離れていても島の合算のチェック 宵越しゲーム数の確認が可能! マイホがあるかは登録せずに確認できるよ


トラコミュの紹介(いろんな記事アルヨ)

ボロ負け記事を見ておいしいごはんが食べたい
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 トラコミュ 大負けメシウマ逝った委員会へ
大負けメシウマ逝った委員会

 

人妻が委員長ッ!!
にほんブログ村 トラコミュ パチスロプリキュア推進委員会へ
パチスロプリキュア推進委員会
すろたろうはついに参謀になりました

大勝ちドヤ記事を見て食欲を抑えたいあなたへ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 トラコミュ 大勝ちメシマズ委員会へ
大勝ちメシマズ委員会

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Menu

HOME

TOP